通信案内に戻る  メニュに戻る

西三数学サークル通信152-2号

「折り紙で数学的活動…発表&ワークショップ」

 大西氏(龍谷大)より学生の研究発表
「エキゾチックな花紋折りの存在と分類
について」の紹介がありました。
 続いて、東京折り紙サークルの松田氏
と平井氏による斜三角錐と斜四角錐を折
る講習が行われました。日頃、折り紙に
慣れない参加者は折り紙教育を考える会
のメンバーに助けられての制作でした。


   
 
 


↑大西氏                 ↑松田氏           ↑平井氏

 折り紙サークルの皆さんの作品展示

ミニ講演

① 「入試問題演習から」・・・・・・・・・犬塚忠貴氏
 
 数Ⅲの問題演習の授業で生徒が双曲線関数を
使った解答をしたことの驚きの紹介と大学入試問
題からフィボナッチ数列の新しい性質を考えた話
でした。
 詳しい内容については西三数学サークルのHP
の「西三数学サークル通信137号、150号」をご覧
ください。 
 
 ② 「図形の裏返し」・・・・・・・・・鈴木弓子氏

 「輪と立方体の裏返し」、「折り紙でカライドサイクル」
、「一重、二重のたとうし」など折り紙を使って教室でも
手軽に出来る図形の裏返しの数々を紹介していただき
ました。
↓折り紙を使ったカライドサイクル
 

通信152-3 へ