通信案内に戻る  メニュに戻る

 西三数学サークル通信(特別版)14号

 

2022.9.2例会報告

 ★日時 9月2日(金)19時~21時

 ★参加者 6名(レポート提出 4名●)4
 斎藤●、原田、右左見●、広田●、鈴木弓●、梶田

★レポート一覧

 1.金重明著「がロア論文を読んでみた」を読むⅡ
 

  はめ込みパズル「万緑叢中紅一点」(王安石の
 詩より命名)を作る  (斎藤)

 *はめ込みパズルは斎藤さんの制作。いくつかの
 矩形からなる正方形(緑色塗り)
の中に赤い小正方
 形(紅一点)がはめ込めるかどうかのパズル。
 ユーチューブで
パズルを見つけて得意の木工技術
 で製作。


 色の塗っていないモデル(右図)も1個余分に作ら
 れたので、これは今月末に渡仏予定の弓子さんが
 餞別(?)でゲット。赤い小正方形(紅一点)の位置
 に注目
 


 2.内分で描く2次・3次関数のグラフ(2回目)  (右左見)
  *前回に続き、3点を結ぶ2つの折れ線から内分点を結んでできる線分から
 出発して「ベジェ曲線」の一般式にたどりつくプランの紹介2回目
 3.ネコのネズミ捕りパワーを考える・・・仕事算の問題 (広田)
  *時間の関係で問題紹介のみ。元の問題は数教協全国大会のポスター展の
 パズル問題。 内容説明は次回以降で。

 4.平均値の推定と検定(鈴木弓)

  *新教育課程で来年度からスタートする数Bではたぶん「数列」とともに
 「統計的な推測」が2本柱になり、かなり内容が新しくなる。(注)それに向けて
 「平均値の推定と検定」について用語の定義とともに、エンドウの豆のさやの
 平均値を推定する例を紹介。東京月例研でも発表予定とのこと。
 (注)新指導要領解説より 数Bの(2)統計的な推測のところ
 (2) 統計的な推測
 ⅰ) 標本調査の考え方の理解を深める
 ⅱ) 確率変数と確率分布の理解 確率変数の平均、分散、標準偏差などを用いて考察
 ⅲ) 二項分布と正規分布の性質と特徴の理解
 ⅳ) 正規分布を用いた区間推定、仮説検定の方法理解  (信頼区間 有意水準)
 標本調査の設計、集めたデータをコンピュータで処理し、母集団の特徴など推測し、
 標本調査の方法結果を批判的に考察

 *リアル例会としては6月第2週以来2か月半ぶり。この間、コロナ感染(第7波)は西三河
 地域にも広がった。学校も例外ではなく1学期末には学級(学年)閉鎖もいろいろな形で
 余儀なくされたようです。(H)


「ネコのネズミ捕りパターンを考える???」 こちら

通信案内に戻る  メニュに戻る