通信案内に戻る  メニュに戻る

            西三数学サークル通信(特別版)10号

4月8日(金)リアル例会(安城市文化センター)

参加者 5名 広田、鈴木弓、斎藤敏、山田、児島

レポート
① 「4にまつわる4つの話題」(鈴木弓子)
② 「『平方の書』を読む」(斎藤)
③ 「この計算式の意味は?」(山田)
④ 「高さの測定器」(児島)

「中村さんからの手紙」(中村)

    

4.22オンライン研究会

★日時 4月22日(金)20時~22時
★参加者 12名
草彅(東京) 黒田(東京) 水原(東京) 和田(長野) 梶田(西三)  山田(西三) 
原田(西三) 右左見(西三) 鈴木(西三) 丸山(西三)  梶村(西三)  広田(西三

★レポート(発表順

1.格子多角形の面積(中学生用テキスト)  (黒田)

2.グノモンでピタゴラス数  (右左見) 

3.1÷9998の小数96位の数は?(開成中学入試問題より)  (鈴木)

*今回より、例会でもZoomの時間制限がない有料版を利用。

*東京からの初参加の方も見え、改めて地域を越えて参加できるZoom会議の利点を感じた。
 しかし、不慣れでアクセスがスムーズにいかない、音声接続に不具合が出る点など習熟を
 重ねていかなくてはいけない。学校でも オンラインで授業を受けたり、課題を出された
 りするだろうが、不具合の出る生徒への対応は大変なのだろうと考えた。

*レポート1は格子点を結んで作られる多角形(格子多角形)の面積については、含まれる
 格子点で考える「ピックの定理」は良く知られているが、多角形に含まれる格子枠で面積
 を考える「額賀の定理」を、いくつかの形から計算して図形のどの部分に着眼して求める
 か、中学生にも発見できるようにした教材。定理を考えた額賀氏は当時中学の先生。証明
 等はネットに紹介。(下記参照)

「額賀の定理」;格子多角形において 
                               
(1)多角形の中に「完全に含まれている格子枠」の数をm                       
(2)多角形の中で「1本の辺と格子枠の線に囲まれている部分」の数をn                
(3)多角形の中で「格子枠の線上にない2本の辺と、格子枠の線に囲まれている部分」の数をp 
 としたとき, 格子多角形の面積=m+n/2 (pは無視)

 数学:新しい定理(格子多角形の面積を簡単に求める新しい定理) (plala.or.jp)


「1÷9998の小数96位の数は?」 こちら

※ すべてのレポートを見たい人は希望される特別版の号、住所、氏名、所属(勤務校)を明記し、
   takenakaアhm.aitai.ne.jp (アは@に直してください)までご連絡ください。
   (無料でお送りします。)


通信案内に戻る  メニュに戻る